激務に備えての余裕がある時のライフハック

情報技術開発では、思わぬところに落とし穴が待っていることがあるため、注意を必要とする。スケジュール通りに開発が進んでいるときこそ、用心を必要とする。
たとえ開発が予定通りにできていたとしても、その先に大きな開発上の問題が待ち構えているケースがよくある。

解決が難しい問題に直面すると、とたんに開発スケジュールに遅延が生じる。このことから、たとえ開発スケジュールがうまく進んでいたとしても、油断しない心構えが情報技術開発のエンジニアには必要である。この仕事のエンジニアのライフハックとしては、余裕がある時期にこそ無駄をなくし力を蓄積するということである。

開発経験が多いエンジニアは、たとえ予定通りに開発が進んでいたとしても、納期間近になると何らかの理由で激務になる事をよく知っている。エンジニアとして持っておくべき本来の心構えを忘れ油断していると、激務をこなさなければならない時に、力が出せないということになりかねない。

仕事ができるエンジニアは、無事に開発プロジェクトを終えるまで油断しない。仕事にメリハリを持って責務を果たすということが、できるエンジニアの条件としてある。余裕ある時にライフハックのテクニックで備え、待ち受ける問題に備えられれば、たとえ開発スケジュールが厳しくなったとしても、乗り越えていくことができる。業界で長く活躍できているエンジニアや多様な案件に対応できる人は、このような開発の傾向とライフハック術を心得ている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です